のんきのこだわり

のんきクオリティ

直営店運営事業部、商品開発事業部では、「のんきクオリティ」を掲げ、食に対して本気に誠実に取り組んでいます。どの食材、どの料理でも、生産者からお客様へ届くまでに必ず私たちの想いも一つ乗せれるように努力、工夫を惜しみません。
「美味しい」この言葉が聞きたくて、そのためだったら頑張れる。
私たちのこだわりの根源は「お客様の笑顔」

  1. 国産豚肉使用

    求め続けた安心と安全な肉

    安全安心な国産豚を求め、創業時から幾度となく生産者や仲卸業者との打ち合わせを重ねてきました。少しでも美味しいものをお客様へ届けたい、この気持ちひとつを常に心がけ、日々取り組んでおります。また、直営店の看板商品となる串焼きは全て手仕込み手打ちと店内調理にこだわっています。

  2. 1つうえを目指すこだわり

    あらゆる食材にスポット

    肉、野菜、魚とメイン食材はもちろん、あらゆる食材にスポットをあて、主役にしてあげたい。商品開発部ではどんな食材、どの調味料でもこだわることでひとつうえを目指します。テーブルに置いてあるただの醤油も「香川県産鎌田のだし醤油」米の目利きを専属のお米マイスターに任せる「岩崎さんちのお米」絶対的食材の卵は「田中農場の濃厚卵」 創業 50 余年引き継がれてきた「秘伝の甘たれ」は、レシピを知る人間は幹部のみなど、随所にこだわりがちりばめられています。

  3. 生産者と一緒に

    生産者との出会い

    契約農家の千葉県山武郡にあるわたなべ農園のわたなべさんは、もともとはお客様からの ご紹介でした。代々続くスイカ農園を引き継ぎながら、「空いた畑で、野菜作りを始めたんだ、自分の目の届く範囲で触れる距離で美味しい野菜をつくりたいんだ」と、まだまだ小さいお店の私たちにとっては凄く共鳴するものがあり、一気に契約農家プロジェクトが始まりました。一緒に畑を耕し、種を蒔いて、じっくり育て、収穫する。「野菜作りは子育てと似てる。愛情は常に、時には厳しくが大切」と、わたなべさん。
    もっともっと美味しいお野菜をお客様に届けたい。
    そろそろ社員みんなで収穫体験の季節になります。